ペーパーレス化に加えて業務効率の改善も行える賃貸管理ソフト

サイトマップ

会議の様子

賃貸管理ソフトの導入によるメリット

握手

不動産業務というのは賃貸管理を始め多くの大切な情報を取り扱いますがそれら効率よく管理する事が可能となるのが不動産管理ソフトです。不動産管理ソフトを導入するタイミングとしては社員や部署が増え、管理対象の物件が多くなってきており、表計算ソフトのファイルで管理する事に限界を感じた時が挙げられます。
また表計算ソフトは管理すべき賃貸物件の数が多くなると操作が重くなり、業務の効率が悪くなり賃貸管理に支障がでます。データの消失や破損の可能性もあり、そうなってしまえば手遅れです。不動産管理ソフトの導入により複雑かつ多岐にわたる不動産の業務を効率化する事が可能となります。
また手入力によるどうしても限界がありますが不動産管理システムがあれば抜け漏れのリスクの大幅に減少させコスト削減が可能です。また過去の履歴が残せます。対応履歴が残るため、業務の改善や顧客満足度の向上につなぐ事ができます。システム上に自動的に履歴が残せ確認がスムーズなため引き継ぎなども効率が良いです。
何よりもセキュリティの向上といったメリットがあります。不動産業務の機密性の高い個人情報は万全のセキュリティ対策が求められますが導入により、情報をデータとして保存し、不動産管理ソフトで機密情報漏えいのリスクを軽減することはとても大事な事でしょう。

情報の更新速度がアップする賃貸管理システム

賃貸管理ソフトを導入するメリットは、賃貸管理を行うにあたり発生する業務の効率化を図ることができる点にあります。例えば、一般的に、見積や契約書の作成、管理といった業務が発生します。従来では、紙ベースの運用であるがゆえに、面倒なやり取りが発生していました。賃貸管理ソフトを導入することで、契約期間・フリーレント期間の管理や、契約の更新漏れを防ぐことができます。賃貸管理ソフトでは、請求管理、入金管理、支払管理といった経理業務の管理機能も有していますので、作業事務処理の効率化、省力化、ペーパーレス化を図ることができます。
賃貸管理を行うにあたり、避けられないのが、修繕計画の作成や、清掃・メンテナンスといった不動産管理の業務の管理です。修繕計画をシステム上で作成することにより、進捗状況の把握や変更が行えるほか、清掃・メンテメンテナンスの現場作業の手配業務、担当者のスケジュール管理業務も行うことが可能になります。
さらに、上記のようなデータが賃貸管理ソフト上に一元管理されているので、案件ごとの収支管理も表計算ソフトへの手入力ではなく、システム上で作成可能となり、経営判断に必要な情報の取得がリアルタイムで可能となります。

企業だけではなく賃貸の借主にも有益となる管理ソフト

マンションを所有するオーナーから管理委託を受けている不動産業者は、物件の情報管理に頭を悩ます事も多かったでしょう。以前はそうだったかもしれませんが、今は便利なツールがあります。不動産管理ソフトです。管理を委託された業者の多くは、不動産管理ソフトを導入してるのではないでしょうか。
物件管理と賃貸管理は勿論、その他の業務もそのソフトがあれば難しい事はありません。昨今はサブリースなど一般管理委託だけじゃく、以前とは違った管理委託契約を業者とオーナーが交わすケースも多いでしょう。業務は複雑さを増しています。業者は、借り主と貸し主の両方から色んな質問をされると思います。
迅速に対応する為に、管理している物件の全容を把握していなくてはなりません。それに管理委託を受けている物件は数棟だけではない場合が多いでしょう。そして「あの物件の担当は○○さん。この物件の担当は○○さん」のようにしていると、その担当者が休みの時、賃貸の借り主や貸し主から質問されると直ぐに答えられずに困る事もあると思います。不動産管理ソフトを使えば問題は解決です。物件管理や賃貸管理などの情報をシェア出来ますので業者、借り主、貸し主に有益なツールです。

Topics

New List